スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    体脂肪率の基準と目安
    0
       最近は、メタボが注目されて、
      体脂肪を減らすことに必死になっている人も多いと思います。

      しかし、一口に体脂肪といっても、
      年代や性別によって基準値というものがあります。

      とにかく体脂肪は少なければいいというわけではないのです。


      体脂肪率の基準値としては、

      ・30歳未満の男性 14〜20%
      ・30歳以上の男性 17〜23%
      ・30歳未満の女性 17〜24%
      ・30歳以上の女性 20〜27%

      このくらいが適正となっています。
      この値を目安として考えておくといいと思います。


      年齢によって基準値が異なるのは、
      体脂肪率が年齢とともに増加する傾向にあるからです。

      また女性には妊娠や出産があるので、
      体の構造上、男性よりも体脂肪を蓄えるようにできています。

      そのため、男性よりも女性のほうが基準値が高くなっているのです。



      ちなみに肥満として判定される体脂肪率の値は、
      男性なら25%以上、女性なら30%以上となっています。

      ただし、妊娠中の女性は体が通常の状態とはかなり違う状態にあるので、
      30%以上であっても特別気にすることではありません。



      それより、見た目も普通で体重も平均と変わらないのに、
      体脂肪の数値だけが高いという「隠れ肥満」の方が問題です。

      自分は痩せているから大丈夫、
      なんて思っている人も多いと思います。

      見た目には普通でも体脂肪が高いという人も、
      決して珍しくはないのです。

      日頃から体脂肪計で体脂肪をチェックするようにしましょう。
      成人病の予防にも繋がります。


      告白を成功させる方法-モテる男になる条件
      恋愛においての細大のイベント、それは告白ですよね。
      その告白、できれば絶対に成功させたいものです。
      告白の成功確率を高める方法を知りたくないですか?男性は必見です。
      posted by: rikoppu | 体脂肪 | 20:11 | - | - | - | - |
      体脂肪を減らすのに効果的な食事
      0
         もしあなたの体脂肪が、肥満を示す数値になっていたとしたら、
        あなたはどうしますか?

        おそらく「食べ過ぎ」が原因だと思い、
        食事制限をすることから始めるかもしれません。

        それ自体は決して間違ったことではありませんし、
        必要以上のカロリーの摂取を抑えることは、
        肥満を防ぐには効果的なことでもあります。

        しかし、虫なダイエットをしてしまうと、
        逆に痩せにくい体質を作ってしまう原因にもなりかねないのです。



        では、体脂肪を減らす食事とは、
        どういうものなのでしょうか?



        まず体脂肪を減らすには、
        食事を必ず3食取ることが大切です。

        人間の体は空腹の時間が長くなると、
        その後の食事でエネルギーを蓄えようとします。

        つまり、脂肪を蓄えやすい体になってしまうのです。


        朝食を抜いたダイエットなどもありますが、
        体脂肪を減らすには必ず3回に分けて
        きちんと食事を取ることが理想的です。


        また、脂肪が多そうだからといって、
        肉類を避けた食事をする人もいるかもしれませんが、
        これも注意が必要です。

        脂肪を燃やすには、まずは基礎代謝を上げなければなりません。

        基礎代謝を上げるには筋肉が必要なのですが、
        その筋肉を作るためには肉類などに含まれるタンパク質が必要となります。

        タンパク質を摂取できるように、
        肉や魚を食事に取り入れるようにする必要があるのです。


        当然のことですが、
        摂取するカロリー量が消費するカロリー量よりも多くなると、
        体脂肪は増えてしまいます。

        食品に含まれているカロリー量がどのくらいなのか、
        おおまかでもいいので把握しておくといいでしょう。

        posted by: rikoppu | 体脂肪 | 21:29 | - | - | - | - |
        体脂肪を減らす効果的な運動
        0
           殻の中に溜まっている体脂肪。
          これを効率的に減らすにはどうすればいいでしょうか?

          それにはやはり、運動をするのが最も効果的ですね。

          しかし、ただ闇雲に運動をすればいいというわけではありません。
          体脂肪を減らすには、より適した運動方法を取ることが、
          効率的に体脂肪を減らすことに繋がるのです。

          では、いったいどんな運動が体脂肪の燃焼に効果があるのでしょうか?

          よく言われているのが、「有酸素運動」ですね。
          運動は有酸素運動と無酸素運動の大きく分けて二つに分類できます。

          有酸素運動とは、酸素を体内に取り入れながら行う運動のことで、
          例えば、ウォーキングやジョギング、エアロビクスなどが代表例ですね。

          逆に無酸素運動とは、有酸素運動のように酸素を必要としない運度のことです。
          例えば、筋力トレーニングなどの重たい器具を持つような運動は、
          呼吸を止めて行う運動です。
          こういったものは無酸素運動に分類されます。

          全力で走ったりする短距離走なんかもそうですね。
          力を瞬間的に入れるスポーツや、瞬発力で動く運動などは、
          息を止めて力を入れると思います。
          そういったものが無酸素運動ですね。



          有酸素運動の特徴は、運動している最中に、
          直接脂肪を燃焼させることができる点にあります。

          ただし、脂肪を燃焼させるためには、
          体内にある糖分を使いきらなければならないため、
          10分〜20分以上運動を続ける必要があります。

          運動の20分経過後から脂肪が燃え始めるとよく言われますね。

          ゆっくりと行う有酸素運動は、
          体の循環機能や脂肪を燃焼させる機能を向上してくれます。

          景色を見ながらウォーキングをしたり、軽いジョギングをしたりだけで、
          脂肪を燃焼させる効果は十分にあるのです。

          年配の方や運動が苦手な方でも、
          体脂肪が気になり始めたら有酸素運動を取り入れてみるといいでしょう。
          posted by: rikoppu | 体脂肪 | 20:22 | - | - | - | - |
          脂肪が燃焼するメカニズム
          0
             最近、腰回りについてきた脂肪が気になる、
            なんてことはないでしょうか?

            脂肪を少しでも減らしたい!
            そう思っていても、
            脂肪を燃焼させるメカニズムを理解していないと、
            効果的に脂肪を燃焼させることはできません。

            では、脂肪を燃焼させるメカニズムとは、
            どんなものなのでしょうか?


            体の中に蓄積されている体脂肪は、
            運動などを行うことで、そのエネルギー源として燃焼します。

            燃焼までのプロセスは下記のような感じですね。

            1,運動によって体温が上昇、血糖値が下がる
            2,血糖値を安定させるためののホルモン「グルカゴン」が分泌
            3,グルカゴンから命令を受けて、脂肪を分解する酵素「リバーぜ」が活性化、
            体脂肪を「脂肪酸」と「グリセリン」の二つに分解
            4,分解された脂肪酸が血液に入ると、「遊離脂肪酸」となって、
            全身の筋肉に運ばれ運動エネルギーとして消費


            まぁ意味がわからないという人も多いと思いますが、
            こんな感じで体の体脂肪は燃焼していくわけです。


            ただ、人間の体の中には、糖分と体脂肪という二つのエネルギー源があり、
            普通は運動のエネルギーとして消費されるのは糖分です。

            つまり、体脂肪を燃焼させるには、
            まず糖分をエネルギーとして消費しきってから、
            その上で更に体操を燃焼させるために、一定時間以上の運動が
            必要となるわけです。

            また、体脂肪が遊離脂肪酸に分解されても、
            運動エネルギーとして消費させなければ、
            また元の体脂肪へ戻ってしまうということも覚えておく必要があります。



            スキンケアで美しく綺麗になる美容テクニック
            女性にとって美肌は永遠の憧れです。
            そのためにはスキンケアは欠かせません。美しい肌を保ち、
            綺麗になるためのスキンケア方法を教えます。
            posted by: rikoppu | 体脂肪 | 21:12 | - | - | - | - |
            体脂肪と基礎代謝の関係
            0
               体脂肪を減らすには、まず基礎代謝を上げること!

              そんな言葉を聞いたことがある人も、
              多いのではないでしょうか?


              確かに基礎代謝を上げることで脂肪は減っていきます。


              では、基礎代謝と脂肪、この二つには、
              どういった関係があるのでしょうか?


              まずは基礎代謝の方ですが、
              これは生きていくために必要なエネルギーのことを言います。

              心臓を動かすため、一定の体温を保つため、
              そういったことに使われるエネルギーにことを言うんですね。

              こういった体を動かしていなくても消費している
              エネルギー=基礎代謝の量が多い人は、
              脂肪がつきにくい人と言えます。

              というのも、基礎代謝の量が多いと、
              それだけ消費するエネルギーが多いということになり、
              余分なエネルギーを体に溜めておくことがありません。

              常にエネルギーを放出していることになりますので、
              脂肪も増えないし、結果的に体脂肪も少なくなるのです。

              基礎代謝の量は人によってばらつきがあります。
              筋肉量が多い人ほど、基礎代謝の量が多いと言われます。

              つまり、体脂肪を減らすために基礎代謝を上げるには、
              筋肉量を上げることが重要なのです。

              また、体脂肪を減らそうと無理なダイエットをしてしまうと、
              逆に基礎代謝が低下してしまうことにもなります。

              体内に摂取するエネルギーが少ない場合、
              人間の体は筋肉をエネルギーに変えることで補おうとします。

              そうすると、筋肉の量が減ってしまい、
              それに伴って生命維持のために消費されるエネルギー、
              つまり基礎代謝の量も少なくなるので、
              かえって太りやすい体質になってしまうのです。

              無理なダイエットは痩せるよりも、
              むしろ太ってしまうという逆効果をもたらしてしまうこともあるのです。

              posted by: rikoppu | 体脂肪 | 20:49 | - | - | - | - |
              体脂肪がついてしまう理由
              0
                 自分のぽっこりとしてしまっったお腹を鏡で見ていると、
                「なんでこんなに脂肪がついちゃったんだろう・・・」
                なんて思ったことってありますよね。


                脂肪は何も理由もなく突然に
                ポコポコと増えていくわけではありません。

                脂肪が増えてしまったのには、
                何らかの理由というものが必ずあります。


                では、なぜ脂肪がついてしまったのか?

                脂肪がついてしまう要因は様々あると思います。

                「体質からくるもの」
                「食生活が原因のケース」
                「運動不足が原因」
                「加齢によってついてきてしまった」

                これ以外にも要因は色々だと思います。


                体質からくるものが原因の場合、
                両親から受け継いだ遺伝が要因だと言えますね。

                両親、もしくはどちらかの親が肥満体質であると、
                その子であるあなたもその遺伝を受け継いでいる可能性が
                あるのも否定できません。


                食生活が原因だとすると、
                最も考えられるのが「食べ過ぎ」による肥満です。

                常に満腹まで食べてしまっていませんか?
                それだとどうしても脂肪が多くなってしまいます。
                腹八分目に留めておくなど、不工夫することで、
                防ぐことができるかもしれません。

                また脂の多いものや高カロリーの食べ物が中心になっている場合、
                やっぱり脂肪はつきやすくなってしまいます。
                摂取する食べ物に注意するようにしてください。


                運動不足が原因の場合。
                これは文字通り、運動の不足によるものです。

                食べることで脂やカロリーを摂取していても、
                運動によってある程度は消費していきます。
                運動が少なければ、脂肪を溜め込む一方になってしまいます。

                加齢によるものである場合、
                単純に年齢を重ねるとそれだけ消費もし辛い体質になってきます。
                さらに年齢による疲れやすさ、または動くのが面倒になったりと、
                活動量自体も少なくなってきます。

                それなのに若いころと同じくらいの量を食べてしまうと、
                やっぱり溜め込む脂肪の量が多くなってしまいますよね。

                昔と食べる量は変わっていないのに、
                最近脂肪がついてきたなと感じる場合は、
                この加齢によるものが原因のケースが多いのです。


                脂肪がついてくる原因は、
                人によって状況によって様々です。

                自分の原因が何に当てはまるかをまず知ることが、
                脂肪を防ぐ第一歩になるでしょう。




                モテ女の恋愛テクニック
                モテる女には理由がある。モテる女性がどんな恋愛テクニックを使っているか?
                ちょっとズルイと言われようと、モテた者勝ちなんです。
                魅力的で、ちょっと魅惑的な女性になるための恋愛術です。
                posted by: rikoppu | 体脂肪 | 15:54 | - | - | - | - |